目次

famicamとは?
famicamとは・・・? 自宅にWEBカメラ・ライブカメラを設置し、撮影...
新規登録方法
新規登録方法 新規登録フォームにメールアドレスを入力し送信...
おすすめカメラ3機種&設定
今回はfamicamにぴったりなおすすめカメラとその設定をご紹介します。 ...
famicam取り扱い説明(全体画面)
famicam取り扱い説明(全体画面) <はじめに>famicamにアップさ...
famicam取り扱い説明(拡大画面)
famicam取り扱い説明(拡大画面) 画像を表示したときのアイコン...
動体検知フリーソフト Msako
おすすめの動体検知ソフト Msako をご紹介します。 「動体検...
フリーソフト「Live Capture3」
こんにちは。今回は「Live Capture3」という動体検知ソフトをご紹介...
フリーソフト「パソコンde防犯カメラ」
今回ご紹介するのは「パソコンde防犯カメラ」とういとってもわかりやす...
フリーソフト「ContaCam」
こんにちは。今回ご紹介するフリーソフトは「ContaCam」です。 ※...
メール転送について
平素よりfamicamをご利用いただきありがとうございます。 ご利用い...
例えばこんな使い方
● 例えばこんな使い方 Scene1 旅行に出かけるの、1泊くらいならペ...
機能拡充のお知らせ(2012/11/01)
ファミカム運営事務局でございます。平素よりfamicamをご利用いただきあ...


フリーソフト「Live Capture3」


こんにちは。

今回は「Live Capture3」という動体検知ソフトをご紹介します。

 

もちろんフリーソフトです。

ダウンロードできるサイトはこちらから→Daddy'sHOME

 

それではさっそく設定していきましょう。

 

 

 

 カメラの登録

 

まずLive Captureを起動するとカメラの選択です。

 ご自身の使用しているカメラに合わせてチェックを入れてください。

 

 

次に画像のサイズを選びます。

 

 

これでOKです。

ちなみに設定から何度でも選び直せますので、カメラを変えたり画像サイズ変えたりしてみてください。

 

 

撮影画面の右下が設定アイコンです。

 

カメラに名前も付けられます。

 

 

「デバイスの変更」を選択して、カメラを選びます。

 

 

出力設定の中にプロパティがあります。

 

 

ここは始めの設定と同じです。

 

 

 

手順はこんな感じです。 

「OK」を押してカメラ設定終了。

 

 

監視設定(キャプチャーアクション)

 

始めの設定画面に戻ってから、「監視設定」のタブを選択。

 

「動体検知を有効にする」にチェックを入れて、「キャプチャーアクション」を開いてください。

ここでの設定によってfamicamと連動させるのでユーザー情報が必要になります。

 

 

 

「静止画撮影」のタブを開いて、「静止画を撮影する」にチェック。

下の段の「FTPでアップロード」にチェック。

 

FTPサーバー設定を開いて

アドレス←メール記載の「FTPサーバー」

ポート←メール記載のポート番号

ユーザー名←メール記載のFTPアカウント

パスワード←ログイン時に使用しているもの

の4項目を入力してください。

(パスワード以外はfamicamログイン後の「アカウント」→「アカウント情報」からご覧いただけます。)

 

保存先には「/」(スラッシュ)を直接入力してください。

FTPファイルの直下に置くという意味です。

ファイル名は任意で好きなものに変えてもOKです。

 

 

以上でキャプチャーアクションについては終わりです。

 

 

 

監視設定(動体検知設定) 

 

次は「監視設定」「動体検知設定」です。

 

 

 

 

まず「監視領域の設定」をします。

 

 

 

 

まず、領域名のところ。

始めに表示されている「Default Area」カメラに写っている全域を指しています。

ここに、ピンポイントで特に監視したいところがあれば「追加」で監視領域を増やすことができます。

 

監視領域をマウスでドラッグして指定するのは「OK」を押すまで何度もやり直せるので

カメラの位置をしっかり決めてからやってみてください。

 

 

「検知アルゴリズム」「画素値差分検出」を選択してください。

デフォルトでは 感度75 閾値10 になっています。

おすすめは 感度90 で 閾値5 です。

 

感度をあげて、閾値を下げると、動体検知の反応が敏感になります。

カメラの置いてあるテーブルが揺れたり、電気をつけたり消したりするだけでも反応してしまうことがあります。

 

 

 

 

最後に「詳細設定」をします。

 

 

 

 「次の監視に入るまでのタイムアウト」は短い方がおすすめです。

 

 

 

以上でおすすめ設定は完了です。

動体検知はカメラとの相性もあるので、慣れてきたらご自身の設備環境にあった設定を試行錯誤してみてください。

 

 

 



目次に戻る

famicamとは?
フリーソフト「ContaCam」